髪が生えるふえる育毛知識

髪の抜け毛薄毛の原因、対策には何が良いのか 食生活による頭皮の改善頭皮マッサージ育毛の 基本知識の説明
MENU

薄毛抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の「血行促進」と「栄養補給」

薄毛抜け毛を解消する2大ポイントは毛母細胞の「血行促進」と「栄養補給」

 

抜け毛の直接的な原因は、頭皮の毛母細胞の働きが悪くなることです。
髪の毛をつくる役目を持つ毛母細胞の働きは、
加齢によって細胞自体が弱ったときや、食生活の乱れ、ストレス、頭の皮膚トラブル、
生活習慣病、これが脱毛や薄毛などの症状を引き起こします。

 

脱毛や薄毛を予防し、また解消するには、毛母細胞の働きを高める必要があります。
そのポイントは2つあります。

 

ひとつは髪によい栄養素をとること。
もうひとつは栄養が十分に毛母細胞に行き渡るよう、頭皮の血行をよくすることです。

 

髪に必要な栄養素はタンパク質、ミネラル、ビタミンなどです。
とくに良質のタンパク質を含む卵や大豆、亜鉛などのミネラルやビタミンが豊富な
緑黄色野菜や海草、小魚など。

 

頭皮の血行をよくするには育毛剤を使ったり、頭皮マッサージすることが効果的です。

 

現在市販されている育毛剤のほとんどが頭皮の血行促進を目的としているので、
使用感の良い物を半年程継続して使いつづければ、効果が期待できるでしょう。

 

 

 

また、肩や首のこりをほぐしたり、生活リズムを規則正しく整えることも効果的。
頭皮や心身の緊張が解きほぐされ、血行がよくなります。

 

栄養バランスのよい食事をとり、頭皮の血行を促せば、
脱毛の解消や育毛の促進は不可能ではありません。

 

皮膚炎、糖尿病、甲状腺機能の異常などが脱毛の原因となる場合もあります。
このような病気がないか、チェックしておくことも大切です。

 

 

ふさふさした髪を保つために日常生活で気をつけたいことは3つです。

 

1、まずは栄養面。
髪を作るのに必要なアミノ酸をとることです。
とくに含硫アミノ酸は重要で、牛乳や肉などに多く含まれています。

 

また、毛を作るホルモンの産生は栄養状態に大きく左右されますから、
バランスの取れた食事をすることは非常に大切です。

 

2、頭皮マッサージ
頭皮は非常に血流が多いですから、
その流れをよくして、よい環境を整えてあげることで、
元気な髪が生えてくるのです。

 

3、頭皮の炎症を抑える
薄毛の人は、頭皮に軽い炎症を起こしている割合が高いようです。

 

頭皮の環境が悪く、酸素の補給が不十分になるために、
薄毛、抜け毛といったことが起こります。

 

自分にあったシャンプーを使って頭皮を清潔にしておくことが重要です。

 

シャンプーを選ぶ時のポイントは、髪ではなく頭皮にあわせること。
皮脂を適度にとってくれて、シャンプー後、頭皮を指で触ってみて、
「やわらかい」と感じるシャンプーで毎日軽く洗うことが良いです。

 

 

高カロリー食を抑えた「和食中心の食事」が抜け毛、薄毛を予防する!

 

薄毛の原因の多くは髪そのものではなくて、抜けやすい頭皮環境にあります。
脂肪の多い食生活を続けていると皮脂腺が広がり、
それに伴って毛穴も大きくなってきます。

 

広口のつぼ状になった毛穴にも髪は生えてきますが、
穴が広くてしっかりと根が張れないため、
毛が細く、またほんの少しの刺激でカンタンに抜けやすくなってしまうのです。

 

薄毛の進行をくい止めるための有効な手段のひとつとして、
野菜や魚中心の和食に切り替えることが望ましいです。

 

健康な髪の維持にはバアランスのよい食生活を送ることが大切です。
肉や、ファストフード類はできるだけ控え、
魚や野菜、貝類、豆、海草類など、
不足しがちな食材をとり入れた和食にするなど、
きわめて基本的な食への姿勢が、
薄毛や抜け毛の悩みから抜け出す第一歩。

このページの先頭へ